マッスルエレメンツHMBは栄養たっぷりの栄養補助サプリ

 

マッスルエレメンツHMBって本当に効果あるの?

マッスルエレメンツHMBは、「もっと自分の身体をたくましくしたい」、「加齢や運動不足などで筋肉を衰えさせたくない」と考えている人々に向けて開発された栄養補助食品で、筋肉増強によいとされる成分が多く配合されているのが特長です。

 

マッスルエレメンツHMBに最も多く配合されているのが、その名にも冠してある「HMB」という機能性食品素材。

 

HMBとはいったい何なのでしょう?

 

ご存じでない方も多いと思うので説明しましょう。

 

HMBは正式にはβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(β-hydroxy-β-methyl butyrate)とわりと長い名前になります。

 

HMBは、筋肉細胞のタンパク質を作る必須アミノ酸であるロイシン(BCAAの一つ)が生体内で変化した物質(代謝産物)なのです。

 

HMBは筋肉が体内で溶解して別の物質に変わってしまう働き(分解)を抑えるとともに、体内で筋肉を作り出す働き(合成)を進めていくことが海外の研究で確認されています。

 

そのため丈夫な身体を作るためのサプリメントとして用いられることはもちろん、

 

加齢や疾患によって筋肉の衰えが生じ、骨折しやすくなる状態フレイルやサルコペニア。

 

日本でおなじみのロコモ

 

などを防ぐことを目的にした医薬品や食品としての有効活用が期待されています。

 

今、世界各国で研究者たちが機能研究、用途研究を進めている物質です(HMBは筋肉増強作用だけでなく、認知機能の改善に有効であることもわかってきているのです)。

 

HMBは必須アミノ酸であるロイシンが体内で変化してできる物質であることは今お話した通りですが、肝臓内に取り込まれたロイシンが全てHMBに変わるわけではありません。

 

ロイシンからHMBに変わるのは5%程度と言われています。

 

WHO(世界保健機構)では、2007年にロイシンの1日推定必要量を18歳以上の成人で体重1kgあたり39mgと設定していますので、その計算でいくと70kgの男性であれば1日あたりのロイシンの摂取量が約3gとなります。

 

そうするとHMBの合成量はその5%相当ですので、1日あたり0.15g(150mg)のHMBが肝臓で作られるという計算になります。

 

ちなみに「マッスルエレメンツHMB」では1日6粒食べると1.5g(1500mg)のHMBを体に取り入れることができるよう設計されています。

 

HMBはそのままですと構造が不安定で非常に壊れやすいという欠点がありますので、HMBをカルシウムと結合させて安定化させて、体に取り込みやすくしています。

 

マッスルエレメンツHMBの原料や成分について

 

マッスルエレメンツHMBって本当に効果あるの?

原料となるHMBは、世界に誇るべき水準にある、我が国の最高の精製技術を用いて作ったものを採用しています。

 

また「マッスルエレメンツHMB」ではHMBの脇を固める筋肉増強サポート素材として「クレアチン」を配合しています。

 

クレアチンはアミノ酸の一種で、体内でも作ることができ、筋肉内に多く存在しています。

 

エネルギー代謝の根源物質であるATP(アデノシン三リン酸)の再生にもクレアチンは使われており、クレアチンサプリメント摂取により、激しい運動時にはとくに運動能力が高まることは医学的にも実証されています。

 

「マッスルエレメンツHMB」1日摂取分(6粒)には5gのクレアチンが入っており、これは牛肉ステーキ1kg分に相当します。

 

加えて「マッスルエレメンツHMB」では細胞を複製し遺伝情報を伝える遺伝子の構成要素として有名なDNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)を「遺伝子成分」と名付けて配合しています。

 

「遺伝子成分」というのはつまりサケの白子や食用酵母を始め、豚由来コラーゲンや鶏冠抽出物などのDNAやRNAを豊富に含んだ食品素材から特殊技術によりDNAやRNAの核酸成分(遺伝子成分)を抜き出したものです。

 

この遺伝子成分はアンチエイジング効果をねらうサプリにはよく使われており、アミノ酸やω-3脂肪酸等と相乗的に働くことで、疲労回復効果や創傷治癒効果を高めるという臨床報告もあります。

 

HMB・クレアチニン・遺伝子成分――これらの3大成分に加え、「マッスルエレメンツHMB」では、筋肉の働きを高める機能性食品素材として知られるオルニチン、アルギニン、ポリアミンをサポート素材に採択し、配合しています。

 

さらには黒ショウガから抽出され、抗酸化作用、抗老化作用、抗炎症作用、育毛作用、抗肥満作用、美白作用などが確認されている特許成分のブラックジンジャーを配合。

 

この他にも11種のビタミン、18種のアミノ酸を添加し万全の栄養成分強化を図っています。

 

マッスルエレメンツHMBは高い?

 

筋肉増強を志向する人に向けて作られた、このマッスルエレメンツHMB。

 

1袋180粒(1日6粒×30日分)の値段は通常価格で7900円(税別)ですが、現在ウエブ上で「定期コース」キャンペーン価格として、初回限定で500円(税別・送料無料)で提供されています。

 

このキャンペーンは3回定期が条件となっており、2回目以降は定価20%OFFの6320円(税別・送料600円別)となっています。

 

なお、この「定期コース」を初めて購入した人が、毎日飲み、適切な運動をしたにもかかわらず何の効果も得られてないという体感があった場合には、3カ月分の料金を全額返金するとのこと。

 

運動との併用での筋肉増強効果に強い自信をもって商品を押し出しています。

 

50代の筋トレ体験談

 

自宅の周辺を夫と一緒に1時間ほどスロージョギングしています。

 

毎日を心掛けていますがなかなかタイミングが合いませんが週に3日以上はスロージョギングしています。

 

既に始めて1年ほどです。

 

最初の頃は本当に歩くかのようにゆっくりなジョギングでしたが体力がついたのか最初の頃と比べるとスピードが倍の速さになってるかと思います。

 

また無理なく出来る体力作りで私の年代の人にはとても簡単に出来る運動かと思います。

 

また朝は少し離れた市場に自転車で出かける事が多くこれも良い運動になっています。

 

朝から爽快です。

 

自宅には夫のウエイトが沢山ありますので一番軽い2キロのウエイトを時間がある時にゆっくりと肘を曲げて持ち上げで腕のたるみ防止をしています。

 

 

使用中のプロテインについて

 

プロテインを毎日飲んでますが筋肉を付けるプロテインではなく、シャクリージャパンのプロテインです。

 

スプーン1杯を水や牛乳で溶かして飲みます。

 

癖がなく飲みやすいです。

 

私はバニラ味です。

 

マッスルエレメンツHMBって本当に効果あるの?

どんなに疲れている時にでもとにかく元気になります、朝飲むと昼から元気になります。

 

夜飲むと朝の目覚めがすこぶる良いです。

 

既に10年以上愛用しています。

 

半年ほどやめた時期がありましたが止めた時にいかにこのプロテインが良いのかがよくわかりました。

 

今では必需品ですので旅行にでも必ず持って行きます。

 

また沢山汗をかきますので温かいお湯を1日(2リットルほど)出来るだけ沢山飲みようにしています。

 

冷たい飲み物は控えています。

 

いつも氷なしで自宅では氷を作っていません。

 

30代にオススメしたいトレーニング方法

 

1日置きのジョギングをしています。

 

夜ご飯を終えて8〜9時くらいからだいたい60分ほど歩くスピードと変わらないくらいで走ります。

 

音楽を聞きながら3曲分早足でウォーキングをして、次の3曲分はゆっくりめにジョギングをするのを1セットとして、1セットめか終わったら軽いストレッチを10分ほどします。

 

呼吸がゆっくりと普通になったらまた3曲分ウォーキングと繰り返します。

 

飽きないようにコースと聞く音楽は高頻度で変えています。

 

無理をしたりすると続かなくなりそうなので、悪天候や生理日などは休んでます。

 

ジョギングができない日は家の中でヨガをするようにしています。

 

このジョギングを1年続けていますが、ヨガも気持ちいいですが、走れない日は何か気持ち悪く感じるようになりました。

 

 

 

サプリメントではないですが、友人の勧めで第2類医薬品の小林製薬のファイチという鉄剤を飲んでいます。

 

飲み方は寝る前に水と一緒に2錠飲んでいます。

 

飲みはじめてから3日ほどで朝の倦怠感が改善されて起きやすくなった感覚がありました。

 

私は生理がわりと遅れやすかったのですが、飲みはじめてからは毎月30日周期できっちりと生理かくるようになりました。

 

あと、生理が遅れやすいのに付け加え生理前の倦怠感と夜十分寝ても、1日中眠気がひどかったのですが、飲み出してから1月後の生理前の周期には倦怠感は少し軽減され、眠気はまだありますが、それも服用前の状態と比べると、強い眠気を感じる日が1週間の内の3日くらいと減りました。