マッスルエレメンツHMBとビルドマッスルHMBの違いについて

 

マッスルエレメンツHMBとビルドマッスルHMB、どっちが良い?

まだ日本国内ではあまり知られていないHMB。

 

アンチエイジング研究のさかんな欧米で1996年に運動能力を上げる効果があることが見出され、2000年前後で筋肉増強効果が注目され始め、やがて日本にも入ってきた素材です。

 

ちなみに日本での販売が許可されたのは2009年でした。

 

現在、日本でも現在注目を集めているHMB関連サプリメントが「マッスルエレメンツHMB」以外にもあります

 

代表的なものを見ていきましょう。

 

 

ビルドマッスルHMBの特徴

 

まず一つ目が「ビルドマッスルHMB」です。

 

この商品は「マッスルエレメンツHMB」と同じように1日1500mgのHMBを摂取できるよう設計されていますが、「マッスルエレメンツHMB」が6粒で1500mgであるのに対し、「ビルドマッスルHMB」は4粒で1500mgとなっています。

 

つまり1粒に配合されているHMBの量が多いのです。

 

1袋に入っている粒数は「マッスルエレメンツHMB」は180粒、「ビルドマッスルHMB」は120粒ですから、1袋に入っているHMBの総量はこの2つは同じです。

 

ビルドマッスルHMBの成分は?

 

マッスルエレメンツHMBとビルドマッスルHMB、どっちが良い?

では「ビルドマッスルHMB」ではHMB以外にはどんな成分が入っているのでしょう。

 

「ビルドマッスルHMB」ではBCAA(Branched Chain Amino Acid:分岐鎖アミノ酸)、すなわちバリン、ロイシン、イソロイシンを配合しています。

 

ジムやスポーツ用品店などでBCAAを陳列しているところも多く、燃焼系アミノ酸ともいわれ、フィットネス現場での定番素材の一つです。

 

BCAAもHMB同様、筋肉の分解を抑え、合成を促すはたらきがあることが知られています。

 

BCAAに加え、アミノ酸の一種であり、免疫増強に働くグルタミン、黒胡椒の実から抽出される辛味成分バイオペリンの他、フェヌグリーク、トンカットアリ、シニュリンPFなどの活力系サプリメント素材を配合しています。

 

「ビルドマッスルHMB」の通常価格は1袋(120粒:1日4粒×30日分)で7900円(税込)となっています。

 

「ビルドマッスルHMB」のウエブでのキャンペーン価格は初回に限り、送料と合わせて税込500円と破格での提供をしていますが、2回目以降の価格が定価から25%分を引いた5925円(税込)となり、3回(3カ月分)セットの購入が条件となります。

 

つまり合計で12350円になります。

 

また、「ビルドマッスルHMB」でも90日間返金保証を行っており、3カ月間で効果がなければそれまで支払われたお金は全額返すことを謳っています。

 

関連ページ

マッスルエレメンツHMBとマッスルエレメンツHMB、どっちが良い?
マッスルエレメンツHMBのライバル商品・マッスルエレメンツHMBについてリサーチしました。買いやすさに関しても公開中!どちらを購入しようか迷われている方は必見です。